福島県いわき市にある中高一貫学校「東日本国際大学附属昌平中学高等学校」

普通科・特別進学コース(1〜3年次)

国公立・難関私立大学の現役合格を目指すコースです

tokushin

特別進学コースの特徴

    • 20名程度の少人数でクラスを編成します。
    • 特別課外授業で徹底的な受験対策をします。
    • 大学受験に精通した教員が、生徒一人ひとりに応じたきめ細やかな学習指導をしています。

国公立大学への現役合格者が全体の40%など、高い合格率を実現。学力の向上を実感できます。

11

    • 特別進学コースは、国公立大学・諸官庁設置校への現役合格率60%という高い合格実績があります。また全体では、私立大学を含めて95%が現役で大学へ進学しています。(平成24年度)
    • 入学時の偏差値が40台だった生徒を、3年後には難関大学に現役合格させた実績が多数あります。学力の伸び幅を自分で決める必要はありません。本気で学びたい気持ちをもち、努力を重ねる生徒を徹底指導でサポートします。

◎コース開設以来、11年連続で国公立大学合格者を輩出!
東北大学 筑波大学 千葉大学 東京学芸大学 埼玉大学 電気通信大学 信州大学 帯広畜産大学 山形大学 福島大学 茨城大学 富山大学 会津大学 札幌市立大学

◎難関・有名私立大学・各種大学校の合格者も多数!
早稲田大学 慶應義塾大学 上智大学 明治大学 青山学院大学 立教大学 中央大学 法政大学 学習院大学 東京理科大学 立命館大学 岩手医科大学 北里大学 成城大学 明治学院大学 日本大学 東洋大学 駒澤大学 芝浦工業大学 防衛大学校 他

外部模擬試験をほぼ毎月実施し、学力の定着度を把握します。

    • 外部模擬試験をほぼ毎月実施して、全国基準での学力レベルを把握します。

moshi

大学受験に精通した教師陣が熱血指導をします。

    • 大学入試の問題を毎年徹底的に分析し、大学ごとの傾向と対策を研究しています。授業以外でも、課外授業や個別指導、プリント添削など、生徒一人ひとりに向き合う学習指導をしています。

特徴1:国語は受験勉強の鍵となる重要な科目。問題読解力を高めます。

teacher-2
入試問題は、まず問題を読んで理解することから始まります。本コースでは、1年次から国語の配当時間を多くし、問題読解力を高めています。 文章を正確に理解し、読むスピードを向上させるためには、語彙力の獲得が不可欠です。文章中でよく使われる漢字の読み・書き・意味を、小テスト形式でプリント学習をします。また、本校独自の学習の取り組みである、漢字コンクールとの連携もしていきます。

    • 1年生はジャンルにとらわれず、様々な文学作品に触れて教養を深めます。
    • 2年生から、世間一般的によく知られている作品、特に大学入試に頻出の文学的文章(小説)や論理的文章(評論)において、テーマ別の問題演習をします。
    • 3年生は志望校合格にために、個別指導で一人ひとりに応じた学習指導をしていきます。

 

特徴2:数学は繰り返しのトレーニングで、解答力を伸ばし、解ける喜びを実感させます。

teacher-3
特別進学コースでは、数学の学習に力を入れています。それは文系・理系共通です。2年生まで全員が同じ学習プリントを使って、徹底的な問題演習をすることで、学習の習慣を身につけるとともに、厳しい学習指導に耐える地力を育てています。

    • 授業で使われる学習プリントは、大学入試問題を徹底的に研究して担当教員が自ら作成したものです。単元ごとに重要な内容が厳選・整理され、基礎学力の定着を行いながら、自然と入試問題に触れていくことができるようになっています。
    • 課外学習でもこの学習プリントを活用。合格点に達するまで、演習を繰り返し行います。このことで、できなかったことができるようになる喜びを体験し、学力の向上を実感することができます。
    • 3年生になると、理系の生徒は数学Ⅲにも取り組み、あらゆる進路に対応できるようにしています。

 

特徴3:英語は資格取得を目指すとともに、個別指導で一人ひとりに応じた学習指導を実施。

teacher-1
英語に苦手意識を持つ受験生は多いようですが、多くの大学では英語の配点が大きい傾向にあり、特に難関大学においては、その傾向が顕著です。受験勉強を有利にするためには、文系・理系ともに英語を得意科目にすることが大切です。

    • 英語は読めるようになってくると、次の問題に挑戦したい気持ちがうまれ、学習への積極性を高めることのできる教科です。
    • 1・2年生は、英語検定の取得を軸に、英語の力を高めています。試験対策のために課外授業もしていますが、それぞれの学力差がありますので、個人面談のような形式で、個別学習も行っています。
    • 3年生には、志望校別の問題研究にもとづいて、個別の学習指導をしています。生徒一人ひとりの学力を見つめて指導をする、少人数制の利点がここにもあります。

 

特徴4:3年次は臨戦態勢で、受験勉強に打ち込みます。

3年次から理系と文系に分かれて、入試対策中心の授業となります。
センター試験対策の演習授業、放課後の入試対策課外授業が実施され、受験追い込みシーズンには、夜遅くまで個別指導が続きます。

 
 

より力を伸ばすためのプラスone!特進コースの学び!

長期休業中には講習(夏期・冬期・春期)を実施。夏季休業中には学習合宿も行います。

    • 夏期は16日間、冬期・春期は8日間で5教科の充実したプログラムを編成しています。
    • 講習で使用するテキストは、特進コースの教員が独自の編さんしたもの。学力を着実に伸ばしています。
    • ・1年次は基礎力の習得と学習の習慣を確立します。
      ・2年次は発展的な問題を徹底的に演習します。
      ・3年次は大学入試を突破するための実践的な問題演習をします。

 

夏期休業中は、5泊6日の学習合宿を実施。夏期講習で得た力を更に発展させます。

    • 夏期休業中の前半は夏期講習を行いますが、後半では5泊6日の学習合宿を実施します。夏期講習で学んだ知識や理解をより進化させます。
    • 短期間でも集中して学習に取り組むことで、学習に対する意識の変化が芽生えます。授業中に教師を見つめる目の輝きが違ってきます。

平成27年度 入試合格体験記

鈴木 つぐみ(信州大学繊維学部合格) 昌平中学校卒業

tsugumi
私が志望校を決めたのは、2年生の2学期でした。生物の先生に勧められ、繊維学部について調べてみたところ、カイコや繊維の研究を行っていて、日本で1つしかない学部であるということを知り、興味を持ったからです。一般入試に向けての勉強を3年生の4月から計画し、計画の通りに勉強し、各教科の問題集を反復して行いました。私は昌平中学から一貫教育で学びました。中学のうちから勉強のしやすい環境であったので、勉強する習慣がつきました。特進コースでよかったことは、少人数であり、先生と生徒との距離が近いので、自分の苦手分野を的確に発見でき、気軽に質問ができるため、その克服につながったことでした。補習なども充実していました。

 

松浦 大成(富山大学理学部合格) 藤間中学校卒業

taisei
私は、もともと数学が得意だったため、大学でもっと数学について学び、数学を生かした職業に就きたいと思っていました。センター試験で思うように点数が取れなかったのですが、担任の先生のアドバイスと励ましで、二次試験で挽回できる可能性がある富山大学を目指すことにしました。問題の傾向をつかむために、先生に所々解説をしてもらいながら過去問を解いて、2回目は一人で何も見ずに解き直しました。そのころには出題傾向もつかめて自信がつきました。私は特進コースで良かったと心から思っています。自分のやる気さえあれば、先生は生徒のために動いてくれます。だから是非先生を頼ってみて下さい。学力向上の大きな手助けとなるでしょう。これから特進コースに来る人が自分の目指す大学に行けるように願っています

 

渡辺 勇貴(明治大学法学部合格) 平第三中学校卒業

yuuki
私が明治大学を受験しようと決意したのは入学当初からです。私は法学部に進学したいと考えており、明治大学の前身は明治法律学校で法学部に力を入れているというのが理由の1つでした。私は、特進コースの先生方にアドバイスをもらいながら、英語・国語・日本史について、次のようにして学習に取り組みました。英語は、まず単語を毎日少しずつでもいいので覚えました。文法を覚えていても単語力がなければ問題は解けません。単語力を鍛え、模試などでも確実に実力向上を実感しました。国語は、文章を読む中で設問に対しての根拠を探す練習をしました。日本史は、暗記科目と思わないこと。歴史は私たちと同じ意志を持った人間が歩んできた道のりです。しっかり先生の授業を聞き思考することで絶対に楽しくなります。その時代に思いを寄せて勉強するのもきっと楽しいと思います。

 

渡辺 詩保乃(青山学院大学理工学部合格) 平第二中学校卒業

shihono
私が青山学院大学を目指そうと思ったのは高校3年の春でした。担任の先生と話している時に青山学院大学を勧められ、自分なりに調べてみて、学生やキャンパスの雰囲気、履修内容がとても気に入ったからです。私は私立大学に的をしぼっていたので、必要な教科は英語、数学、理科1科目でした。英語だけはとても苦手だったので、3年の夏から塾に通い始め、単語・長文・文法を中心に勉強し、何とか青学を受験できるレベルに達しました。数学は1年生のころから担当の先生が作成した演習プリントで基礎はもちろん、ある程度の応用問題でも解くことができたし、受験で選択しようと考えていた化学も夏休みや放課後に個別で指導してくださったおかげで、受験問題でも対応できるようになりました。

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.